設置工事の流れ

見積もりの時点でアンテナの設置場所に関してはある程度決定されていますし、電波塔の方向や電波の状況も確認されているので、実際の工事は希望する形式のアンテナを設置することから始まります。その上でテレビのケーブルを接続し、実際にテレビを見ることができるかの確認も行われます。テレビが手元にないという場合でも、業者によっては、実際に見えるかどうかを確認するためのテレビを用意しているところもあります。

また、見積もりの段階で受信できる電波が弱いことが分かれば電波を増幅させるブースターを設置する、複数台のテレビを使う場合は電波の分配器を設置するなど、環境に応じた対応をしてもらえるのも、プロに依頼する利点であるといえるでしょう。

業者に依頼することの利点は、見積もりや工事の際の安心だけではありません。アンテナは設置してしまえば終わりというものではなく、気象現象等によってテレビが映りにくくなったり、アンテナにトラブルが起こったりする可能性もあります。アンテナ設置業者の中には、工事後も一定の期間を設けて保証を行うところがあります。住宅周辺の電波状況の変化など、特にトラブルがなくても設置後に環境が変わる可能性もあり、設置完了後も相談でき、必要に応じて対応してもらえるというのは心強いものです。

アンテナ設置を業者に依頼

地上デジタル放送用に限ったことではありませんが、テレビ用のアンテナそのものは個人でもインターネットなどで購入することが可能です。また、設置についても個人で行うこともできます。ただ、ここで問題になるのが、アンテナは家のどこかに付いていればいいというわけではないことです。

そもそもアンテナは、電波塔から発信されるテレビ用の電波を受け取るもので、東京周辺では、東京スカイツリーがその役割を担っています。したがって、アンテナの設置に際しては、電波塔の方向を正確に認識し、また設置する住宅の周辺環境などを考えて、より障害の少ない状況で使えるように考える必要があるのです

個人でも設置は可能であると先に述べましたが、電波を正しく受信するためには実際に設置する以前に確認すべき点が多いことを考えると、アンテナの設置は業者に依頼するのが安心であるといえるでしょう。業者を選ぶ上では、複数の業者に見積もりを取ることが可能です。工事の性質上、住宅の屋根など設置する場所の決定や電波状況など、見積もりの時点で実際の住宅に出向いて調査する必要があるため、要望や疑問点はその場で伝え、確認しましょう。そして、それぞれの業者の特徴を把握した上で、比較して決定するのがいいでしょう。

参照リンク⇒棟梁ドットコム:地デジアンテナ工事依頼