地上デジタル放送の地デジアンテナ

インターネット全盛の現代ですが、情報を得るため、また楽しみのための手段としてテレビは今も重要な役割を担っています。引っ越しなどで新しい住居に入る場合、集合住宅であれば地上デジタル放送に関しては共同アンテナが設置されているでしょうし、衛星放送については、住宅全体をカバーするアンテナがある場合と、必要に応じて各戸ごとに設置が必要になる場合があります。また、住宅によってはケーブルテレビに加入していて、地デジアンテナがない場合もあるでしょう。

テレビを見るための手段としてアンテナの設置を考えるのは、一戸建てを新築した場合が多いでしょう。家を建てる場合、家の内外の設備や各種配線など、家そのものについてだけでも細かく決めることが多く、テレビのアンテナについてはその重要性の割には見落とされがちです。ただ、最近の住宅では、アンテナの設置が工事に含まれていなくても、家の中にアンテナやケーブルとの接続を前提として配線がされている場合が多いため、家の完成後でもアンテナの取り付けは可能です。

衛星放送の白い円形のパラボラアンテナが屋根の上やベランダなどに設置される場合が多い一方、地上デジタル放送用のアンテナは、各戸ごとに屋根の上に設置される魚の骨のような形の細い棒状のもの(八木・宇田アンテナ)というのが一般的なイメージでしょう。最近ではこのようなものに加えて、家の外観を損ねないような形状のものも増えています。ここでは、地上デジタル放送用のアンテナの取り付けに関してお知らせします。